確かな計画を立てて、安全で効果的なダイエットをやりましょう

ダイエットしようと突発的に行動してしまい、ダイエット後にリバウンドしたり、冷え性や便秘などの病気を抱えたりしてしまった人は少なからずいるでしょう。

実際ダイエットはそれなりにリスクのある行動です。

リバウンドや軽度の病気と侮って、後々の生活に響くほどの爪あとを残すこともあります。そうならないためにも、ダイエットを行う時はしっかりと計画を立てる必要があるのです。

安全で効果的なダイエットを行うために、計画を立てる際に知っておくべきことをここに記します。

高リスクの短期ではなく、長期による安定を

短期ダイエットのリスクの高さは誰もが知っているはずです。

食事の摂取量が大きく変われば、その内に含まれる栄養素の摂取量もまた大きく変わります。

栄養素の不足は体の不調を生むでしょう。

鉄分が足りなければ貧血に。食物繊維が足りなければ便秘に。

またダイエットを止めた時に再び摂取量が戻ればリバウンドになります。

戻さなければ栄養不足により、大病への一本道です。短期でやる場合にはプロのトレーナーがいないと、成果も得られず、ただ危険を抱えるだけになる場合があります。

そういうことがないように、計画は長期的に立てたほうが安全です。

確かに1週間程度では大きな成果はでないでしょう。

しかし長期的な計画は、そのまま生活習慣として取り込めば一生太ることもありません。

無闇に食事制限を行うわけでもないので、身体にも安心です。

リスクを避けるためにも、ダイエットは長期的な計画がお勧めです。

計画したダイエットで効率を上げよう

食事制限や運動系など、世の中には様々なダイエットがあります。

その中には組み合わせることで、効率のよいダイエットになるものもあり、計画する時にはそれを考慮する必要があるのです。

例えば脂質を効率よく減らすダイエットなら、無理のない炭水化物の制限と筋力トレーニングの組み合わせが最適でしょう。

前者は脂質の増加を減らし、後者は脂質の消費を増やします。

また後者の筋トレはリバウンドの抑止にもなり、安全のためにもダイエットの計画を立てる際には、是非に取り入れるべきものです。

もちろん食事制限を幾つも重ねるような危険な組み合わせもあります。そういうことは絶対にやってはいけません。

まとめ

ダイエットをする上で計画を立てることはとても有用です。

無理と無駄を省き、安全と効率をもたらします。長期的な計画ともなれば、生活習慣の見直しと一緒です。

無謀な挑戦よりも、石橋を叩いて長い目で見る必要があります。

計画を立てましょう。危険がないか身体と相談しましょう。ダイエットは身体を壊すためのものではありません。