妊娠前から妊娠初期まで!葉酸を重視してとるべき時期

妊娠初期には葉酸が重要な栄養であるということは、だんだんと広まっています。

母子健康手帳にも記されていますし、厚生労働省からも推奨されています。そんな葉酸を取るべき時期はいつなのでしょうか。

妊娠前から葉酸は重要

葉酸を意識して取りたい時期は、妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月前までです。生理が止まってから妊娠が発覚するまでにはタイムラグがあります。

妊娠がわかってから葉酸を取り始めてもタイミングが少し遅くなってしまいます。子供を作ろうと決めてから、妊娠していなくても取り始めるのが効果的です。

1日に必要な葉酸の量

妊娠していない普通の女性は、1日240ugの葉酸を取れば健康的な生活を送ることができます。

妊娠初期には必要量が一気に上がってしまい、通常の240ugに加えて400ugを食品とサプリメントから取ることが推奨されています。

緑黄色野菜を積極的に活用したり、納豆や卵にも多く含まれています。また、葉酸サプリは効率よく葉酸を取ることができますから、上手に活用しましょう。

妊娠後期にも不足しないように

葉酸が必要なのは、妊娠初期だけではありません。母体と胎児の両方に必要な栄養ですから、妊娠後期にも1日440ugの葉酸を摂取するのが大切です。

妊娠初期より取る量はやや少なくてすみますが、妊娠前よりもたくさん取らないといけません。

妊娠初期に飲んでいたサプリを上手に生かしながら、不足しないように注意しましょう。

また、授乳中も340ugの葉酸が必要になりますから、卒乳するまで長く付き合っていくべき栄養です。また、こちらのサイトのような過度なダイエットは厳禁です。

妊活中から意識して取ろう

妊娠初期に重要な葉酸は妊活中から多めに取っておくと、不足する心配がありません。

妊娠しやすい体になるサポート効果もありますから、葉酸を含んだ食品を上手に活用して、いざ妊娠した時に焦らないようにレシピの幅を広げておきましょう。

葉酸を取れる飲み物なども売っていますから、飽きずにおいしく取り入れる方法を早いうちから学んでおくのがポイントです。