食事制限ダイエットの栄養不足が痩せにくい体を作ってしまう

 

体重を減らしたいとか気になる部分を引き締めたいなど、ダイエットを頑張っている女性がたいていトライしているのが食事制限ですよね。

ただし、食事制限の方法が間違っていると、せっかくダイエットしているのに全然効果が現れないなんてことにもなってしまうんです。

そんな食事制限ダイエットの盲点について紹介しましょう。

ヘルシーな野菜ばかりじゃ痩せられない

野菜は栄養もたっぷりだしカロリーも低くてヘルシーだから、ダイエットには最適なメニューです。

もちろん、他のものと組み合わせて食べるには問題ないんですが、野菜ばかりのメニューだと逆に痩せにくくなってしまいます。

朝は野菜をスムージーにして、昼は軽くおそばと野菜サラダ、夜は太りやすいから野菜メインで主食を抜いて低カロリーな食事なんてメニューにしていたら、栄養不足になってしまいます。

糖質もたんぱく質も脂質も足りてないから肌や髪がボロボロになっちゃいますし、筋肉が痩せてしまって代謝が落ちて痩せにくくなってしまいます。

栄養不足は脂肪溜め込みモードの体に

食事制限を頑張りすぎて低カロリーな食事ばかりしていると、栄養不足で体が飢餓状態になってしまいます。

体は命を優先しようとしますから少ない栄養で体の機能をまかなおうとしてしまうし、命が危険にさらされた時のためにカロリーを蓄えておこうとしてしまいます。

少ない栄養の中から脂肪として体はエネルギーを蓄えておこうとしているものですから、食事を減らしている割には全然ダイエット効果が出てくれなくなってしまいます。

栄養バランスの整った食事を

基礎代謝の低下と体の防御機能によって、食事制限ダイエットで栄養不足になってしまうと、逆に太りやすくなってしまうんです。

だから、しっかりと栄養バランスの整った食事をするのがダイエット成功の秘訣です。

間食を控えたり食べすぎを防いだりしながら、カロリー取り過ぎになっている食品のみ減らしていくというダイエット法が一番効果があります。

まとめ

健康な体なくしてダイエットは成功しないんです。

元気な体を作るためには栄養は必須ですから、栄養不足にならないようなダイエットをしていきたいものですね。